あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

【2019】創業1年目のベンチャー役員が選ぶ「おもしろかった本 BEST10」

昨日に引き続き、今年おもしろかった本のまとめ。

 

<昨日の記事>

www.atarimaeblog.work

 

今日は「創業1年目のベンチャー役員」という目線から今年の10冊を選んだ。 

偉そうなことを書ける実績は残せていませんが、今年の振り返りとして書いておきたい。

 

1位:渋谷ではたらく社長の告白

言わずと知れたベストセラー。創業者本の中でもトップクラスに売れてるのではないだろうか。創業当初に一気に読み返した。前半が自分のフェーズ間にとても合っていて面白かった。反面、オフィスの借り方をとっても「藤田さん、バケモノだわ」と思わされた。時流に乗るタイミングだけでなく、思い切りの良さとGRITを持っていらっしゃると感じた。

 

<関連記事>

www.atarimaeblog.work

 

2位:超集中ハック!

超集中ハック!: 習慣マニアの経営者が実践する100のライフハック

超集中ハック!: 習慣マニアの経営者が実践する100のライフハック

先日上場したランサーズの秋好さんの著書。こんなことまで方法論に落とし込むのか!という視点が面白い。かなり影響受けて、真似してます。1時間ほどでサラッと読めるのでそこもいい。

 

3位:THE MODEL

今や一般化した言葉となったThe Model。私もまったくわかっておらず、この本を紹介して貰い、焦りながら読んだ。この本を読んで、ざっくり大枠は理解したかな。 ただ、「知っている」と「構築できる」は大違いなので、本当の意味で理解するには実務で経験していくしかない。私くらいの非IT業界の初心者向け。 

 

4位:決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる

決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる (スマート新書)

決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる (スマート新書)

決算書をベースにビジネスモデルを因数分解するという面白い視点で書かれている。The Modelに代表されるように、ベンチャー界隈では因数分解という考え方が一般化しており、因数分解の切り方の入門書として活用した。一般的な会計・財務の本では扱われない企業・業界を対象にしているので、そこも良かった。

 

5位:MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

シバタ本、2冊目のランクイン。本書も4位の『決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる』と同じテーマだが、対象を変えているため、併せて読むと理解が深まる。

 

6位:amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

 

 

Kindle版

ビジネスモデルを変えながら、恐ろしい勢いで成長し続けるアマゾン。正に「両利きの経営」を体現している。個人的には、キャッシュの重要性を再認識しました。売掛金を立てない、前金状態をうちでも創っていきたい。正直、これ読むまでCCCとか知りませんでした。。。はい。。

 

<関連記事>

www.atarimaeblog.work

 

7位:運は創るもの

運は創るもの ―私の履歴書

運は創るもの ―私の履歴書

ニトリ創業者の似鳥昭雄さんの自伝。日経で連載を読んでいた証券マン時代を少し思い出しながら読みました。本当にハチャメチャな似鳥さんの人生は、創業者本の中でも異質。読み物として面白かった。

 

8位:不格好経営

南場さんの自叙伝。これも創業当社に読んた。冒頭から20%くらいが自分とフェーズ感があっていて面白かった。が、中盤~後半は自分の立ち位置と比べて遠すぎてリアリティをもって読めなかった。

 

 <関連記事>

www.atarimaeblog.work

 

9位:テクノロジー地政学

テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

テクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たち

シバタ本、3冊目。創業当初の「ベンチャー?スタートアップ?テクノロジー?」という状態の時に、焦りながら読んだ。内容は特別面白いわけではないが、ここ数年で起きた世界のスタートアップを軽く知るには良い本。こちらも非IT業界の初心者向け。

 

10位:サブスクリプション

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

初心者が時代の潮流であるサブスクを理解する上では必要な一冊。私も本書と『THE MODEL』の併せ読みからスタートした。内容は冗長だが、1回読んでおけば、界隈の人の言葉を「ある程度理解する」レベルにはなる。こちらも非IT業界の初心者向け。

 

まとめ

今年読んだ本を見てみると、2種類に分けられた。

  • モチベーションを上げるための創業者本
  • 今年は非IT業界出身者の私が会話についていくために読んだ本

来年は必要に応じて読むすが、実務で学ぶことがほとんどなので、本から学ぶことはなくなりそう。