あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

生きる意味を自問自答する最年少上場社長の半生

最年少上場で有名な村上太一さんに対するインタビューをまとめた一冊。ライターの上坂氏が執筆しているため、シンプルで読みやすい構成になっています。

 

本書で最も感じたのは、村上さんであっても「特別な方法論がある訳ではない」ということです。各エピソードから村上さんの凡事徹底ぶり、当たり前のことを人一倍積み重ねている姿勢がとても伝わってきます。SEOにしろ、テレアポにしろ、目の前の地道な作業を徹底的に行ってきたからこそ、最年少上場を果たしたのだと感じます。

 

また、最近の起業家のようにVCの出資を受けずに(出資の提案も断っている)、自己資金でコツコツやってきたところも個人的には好感が持てます。派手さはないけど、堅実で信頼できる。

 

起業~事業の立ち上げを経験している人には「あるある」なことも多く、面白く読めるのではないでしょうか。ただし、企業の創業期を感じるのであれば、以前紹介した『渋谷ではたらく社長の告白』 の方がお勧めです。本人が書いているからか、より鬼気迫るものがあります。

 

私の評価

評価:D

A:殿堂入り

B:本棚に残す

C:買いだが、一度読んだら売る

D:図書館で流し読む

E:時間の無駄 

 

リブセンス〈生きる意味〉

リブセンス〈生きる意味〉