あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

中小企業の社長は、会社を潰さないために「銀行のしくみ」を学べ!

中小企業の経営者の間で有名な経営コンサルタントと言えば、誰がいるでしょうか?

 

故人でいえば、

・田辺 昇一氏(タナベ経営・創業者)

・渥美 俊一氏(ペガサスクラブ主催)

・ 一倉 定氏

が有名です。

 

存命のコンサルタントでいえば、これまでご紹介した2人。

・牟田 學氏(日本経営合理化協会・創設者)→牟田氏の著作の感想(

・井上 和弘氏(ICOコンサルティング・創業者)→著作の感想はこちら

 

そして、今回ご紹介するこの方も有名です。

・小山 昇氏(武蔵野・代表取締役

 

今回は小山氏の「銀行交渉」に関する2冊のエッセンスを纏めていきたいと思います。

[目次]

 

貸す側のしくみを知る

小山氏は『小山昇の“実践”銀行交渉術』の冒頭で次のように述べています。

なぜ、「武蔵野」は倒産しなかったのかーそれは、私が「お金を貸す側のしくみ」を知っていたからです。そして、いつ、何が起きても会社が倒産しないように、さまざまな策を講じてきた。かすがあのしくみを理解する社長と、理解しない社長とでは、天国と地獄ほど違う。

 

無借金経営はありえない

無借金の会社は財務体質がいいですが、すぐにお金を借りられるわけではないと小山氏は説明します。なぜなら、銀行は保守的で、「過去の取引実績に対してお金を貸す」からです。銀行は「継続性」が原則であり、新規取引には必要以上に慎重です。

 

小山氏は次のとおり続けます。

コンサルタントや税理士は、「無借金経営の方が財務体質はいいから、いざと言う時にお金を借りやすい」と勘違いしています。

しかし、今まで一度も借り入れのない会社が、急な融資を申し込んできたら、銀行はどう思いますか?

「この会社は、よほど追い込まれている。回収に不安があるかもしれないから、新規の融資は見合わせよ」と警戒します。

 

銀行は返してくれる会社に貸す

また、銀行は「儲けている会社」ではなく、「確実に返してくれる会社」にお金を貸します。

 

銀行は預金者のお金を保全する考え方に立っています。「返してくれない会社にお金をかさない」のは当然です。多くの社長は、お金に困ったときに(業績が下がったときに)お金を借りようとしますが、その考えは間違いです。

 

目先の金利ではなく、「額」を借りろ

金利を払っても、使わないお金を持つ意味はあるのでしょうか?

 

小山氏は、金利を払って時間を買っている」と説明します。何の時間を買っているかと言うと、「赤字になったときに、会社を立て直すための時間」です。

 

私は、「少々金利が高くても、額を変える方が大切」だと考えています。経営にとって先決なのは、規模の拡大です。すなわち、お客様の数を増やすこと。そのためには、金額を投入しなければなりません。

 

小山氏の銀行交渉を知るための2冊

これらの2冊に関して言えば、内容はほぼ同じです。

 

前者の方が新しく出版されているのと、小山氏が実際にコンサルした企業のインタビューが掲載されているので、お勧めです。

 

主張自体は同じですので、どちらかを読めば両方読む必要はありません。 

 

99%の社長が知らない銀行とお金の話

99%の社長が知らない銀行とお金の話

99%の社長が知らない銀行とお金の話

 
私の評価

評価:C

A:殿堂入り

B:本棚に残す

C:買いだが、一度読んだら売る

D:図書館で流し読む

E:時間の無駄 

 

小山昇の“実践”銀行交渉術

小山昇の“実践”銀行交渉術 無担保で16億円借りる

小山昇の“実践”銀行交渉術 無担保で16億円借りる

 
私の評価

評価:C

A:殿堂入り

B:本棚に残す

C:買いだが、一度読んだら売る

D:図書館で流し読む

E:時間の無駄