あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

今後5年の目標

先日、これまで続けてきたMBA受験をやめる旨を記事にしました。

www.atarimaeblog.work

 

上記記事では、家業と起業した会社への集中することがやめた理由だと述べました。では具体的に何を行っていくのか、今後5年ほど何に取り組むのか書いていきます。

f:id:jorge_tt:20190505201545p:plain

[目次]

 

家業への集中

グループ会社の再編(~5年)

まず、重要度・緊急度が高く、取り組みが長期になると想定されるのが「組織再編」です。父の努力の甲斐あって、関係会社が約10社に渡るグループ企業になりました。しかし、利益分散さえ行っていない冬眠会社や問題のある会社が数社あるのが現状です。仕入・販売の流れも各社で分散し、伝票や見積はもちろん決算業務などに忙殺され、社員の不透明感にも繋がっています。

 

各社の統廃合を行うことで、以下のメリットがあると想定しています。

(1)業務のスムーズ化により、社員負担の低減・不透明感の排除

(2)企業数が減ることによる管理負担の低減

(3)承継する会社数・株数の削減

 

再編自体は数か月~半年で実行できるのですが、法務的にも税務的にも問題がないように慎重に取り組みたいと思います。また、統廃合による退職者や退職金の問題もあるため、タイミングも考えなくてはなりません。そうしたリスクも考慮しながら、5年くらいかけて進めたいと思います。

 

業界特性・専門性の取得(~5年)

先日も申し上げましたが、私の家業は非常に専門性が高い業界です。理系の学士をもった新卒ですら数年かけてようやく使い物になるような状態です。受験経験がない私大文系の私では正直、チンプンカンプンの世界です。

 

今後、以下のことを実施していきたいと思います。

(1)家庭教師をつけて、週1・3年で理系の大学入試レベルの基礎知識を身に付ける

(2)基礎的な専門書・論文を読み、社員へ質問・ディスカッションする 

  

業務の効率化(~3年)

中小オーナー企業のため、IT技術はおろか、エクセルの関数すらまともに使える人がいないのが現状です。日報すらノートに手書きのレベルです(笑)

 

かなり抵抗は出ると思いますが、Office365やSalesforceなどのSaaS系にシフトしていくようにします。そのために、現状私が社内で実施しているオフィスの活用法の勉強会をレベルアップしながら継続し、テクノロジーへの抵抗を減らす運動を並行して進めていきます。

 

起業した会社への集中

事業の立ち上げ~収益化(~3年)

1月に友人と起業した会社では、大企業・ベンチャー企業向けにコンサルを行っています。お陰様で大企業・ベンチャー企業を合わせた数社と契約を結び、年内のキャッシュ目標を達成できそうです。

 

既存のお客様に対しては失礼かもしれませんが、コンサルはあくまで「資金の蓄積」のためで、起業した目的ではありません。実際にやってみると、想像したよりも労働集約で投入資本(人数×時間)以上の成果が得られないことも実感しました。

 

なので、並行して事業の開発~収益化を進めていきます。現時点でも数回のピボットを経験し、ようやく走り出せそうな事業を見出したところです。「めげずに実行する」フェーズに入りましたので、進めていきたいと思います。

 

個人資産の積み上げ

「個人資産の積み上げ」が3つ目のテーマです。資産とはいわゆる金融資産だけではなく、「将来的に経済的な価値を生むモノ」も含みます。現時点では、このブログとツイッタ―を資産にできたらいいな、と考えています。

 

事業承継に掛かる資金の捻出

事業承継において、「自社株の承継」と「承継に伴う税金の支払い」が後継者にとって大きな課題です。良い会社になればなるほど、株価も高くなり、悩みも増えていきます。

 

贈与税相続税を払うにしろ、自社株を買い取るにしろ、現状ですと払う原資がありません。承継対策を進めながら、「資金をいかに捻出」を考えなくてはなりません。資産運用を含めてこれから検討していきたいと思います。

 

本ブログの継続 

このブログの継続も私にとって大きな資産になると思っています。それは単に「お金を稼ぐ」という意味ではなく、アウトプットの場として非常に有益だということです。ブログを始めたことで、読んだ本や日々のことを考える癖がつき始めました。また、文章を書くことが苦手なので、「どのようにしたら読み手に分かり易いか」を日々模索しながら書いています。その積み重ねが自分のためになっていると実感しています。

 

なので、読んでいただいた皆様にもご意見やコメントを頂けると大変ありがたいです。

 

以上が今後の方向性です。やるべきことも多いですが、粛々と進めていきたいと思います!