あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

「節税・無借金」経営は今すぐやめなさい(久保 龍太郎):会社を潰さず成長するための考え方

これまでシリーズ化してきたICOの著書は、「金利」と「税金」によるキャッシュアウトを抑えるべきという考え方でした。本作の著者である久保 龍太郎氏は、真逆の考え方をしています。むしろ、「借入をできるだけして、法人税をたくさん払いなさい」というスタンスです。会社を良くするという最終地点は同じはずなのに、両者がなぜ真逆の道を進むのか。それを学んでいきたいと思います。

 

[目次]

 

 

節税をやめて、銀行からカネを借りまくれ 

久保氏は次のように語ります。

私のアドバイスは常にシンプルな原理−節税に血眼になることをやめて銀行からカネを借りまくれ−をベースにしています。この原理を実践すれば、会社の体力は増し、短期間で成長することが可能になります。同時にちょっとやそっとの非常事態では倒産しない、潰れにくい体質になります。

 

潰れやすい会社は、緊急事態が発生したときに対応できるだけの運転資金となる現金が足りません。運転資金を無借金で蓄積するのは、とても難しいことなのです。すぐに予定がなくても、いざというときのための運転資金を借りておく方がいいのですが、そのためには、銀行が貸しやすいB/Sにする必要があります。その極意は純資産です。純資産を増やして厚くしていく経営が、本当の意味での健全経営なのです。

 

実際に読んでみると、久保氏もICO「純資産を厚くする」という同じ目的地に向かっていることが分かります。久保氏は「借りた金で純資産が厚くなるための投資をすべき」というスタンス。一方、ICOの井上氏・福岡氏は「投資を拡大する前に過去の資産を見直し(オフバランス)、総資産を小さくすべき」というスタンスです。

 

借入金と税金

純資産を厚くするという方向性は同じですが、冒頭申し上げた通り、借入と税金については真逆のスタンスです。

 

借りれるだけ借りる

久保氏は「現金を増やすためには銀行から借りるべき」と説きます。先ほども述べたとおり、銀行から借りたお金を有効に使って、大きな利益を出すことで、純資産が早く大きくなるからです。銀行から借金することが、会社を早く成長させると同時に、いざと言う時に会社を潰さないコツだと語ります。

 

借りるべき資金

銀行から借りる資金には、大きく運転資金と設備資金の2種類があります。どちらも必要な資金ですが、まず運転資金を月商の3〜6ヶ月分借りられることを目標にすべきと久保氏は推奨しています。

 

取引実績を積み上げる

取引実績とは、トータルで借りている額と返済実績です。久保氏は、「特に入り用がなくても、借りられるのであれば、借りておくのがよい」と主張します。

 

信用を大きくしていく事は、会社経営にとって最重要なことの1つです。少なくとも無借金では、取引実績がないので銀行からの信用は増えません。銀行との取引実績である借金をしながら、同時に純資産を増やしていく必要があります。

 

P/L経営からB/S経営へ

取引実績を積み上げ、信用が大きくなると、銀行から「お金を借りてください」と頼まれるようになります。そのタイミングで考えることは、P/L経営からB/S経営に切り替えることです。

 

P/L経営とは短期的な利益を重要視する経営です。B/S経営とは、純資産を大きくしていくことです。

 

節税をやめる

久保氏は節税をする税理士や保険屋を「節税屋」と呼び、節税については懐疑的な見解を示しています。

 

節税に血眼になる経営者は、なんとかして損金を増やそうとします。しかし、損金を計上するということは利益も減らすということです。つまり節税をすると利益が減り、純資産が増えないということなのです。

 

まとめ

両者の意見は、「企業の直面しているフェーズに依る」と感じました。勃興期~成長期にかけては、借入→投資→収益を稼ぐ→純資産を積み上げるという久保氏のアプローチが有効でしょう。しかし、創業からある程度の年月が経ち、成熟期に入った企業においては、ICOのアプローチが有効でしょう。

 

最近の本は、タイトルが"本を売るため"の極論になりがちです。なので、どちらかのポジショントークに偏り過ぎずに、自社に合った適度なアプローチをとることが重要です。

 

私の評価

評価:D

A:殿堂入り

B:本棚に残す

C:買いだが、一度読んだら売る

D:図書館で流し読む

E:時間の無駄 

 

「節税・無借金」経営は今すぐやめなさい

「節税・無借金」経営は今すぐやめなさい

 

Kindle版

儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい---会社にお金を残す32のコツ

儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい---会社にお金を残す32のコツ

 

Kindle版