あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

【月間振り返り】2018年8月

今月から月間の振り返りを書いていきます。振り返りを始める理由は以下の通りです。

 

  • 日々に忙殺されており、地に足着けて自分の現在地を把握したい
  • 勉強のモチベーションを維持したい
  • 振り返りをすることで、不安な日々に打ち勝つ「根拠のある自信」をつけていきたい

 

これまでの経験上、私は日々の積み重ねによって結果を出し、自信をつけていくタイプなので、しっかり振り返りを行っていきたいと思います。日々の記録も継続。

 

8月総括

8月の勉強時間は計102h5mでした。一日当たり3hちょっと。

f:id:jorge_tt:20180901085426j:image

 

科目の配分比率は以下の通り。リスニングとボキャブラリーにかなり重点を置きました。

f:id:jorge_tt:20180901085430j:image

 

7月中の本試験の結果が悪く、モチベーションが下がっていたこともあり、8月は勉強のモチベーションを上げるように心がけました。

 

モチベーションの維持・工場に最も効果的だったのは、Studyplusを始めたことです。他のMBA受験生やTOEFL100点overを目標とする受験者の方々を刺激に、自分の重いお尻を叩くことが出来ました(友人になって頂いた皆様、ありがとうございます)。正にstudy plus。Studyplusは上記の通り、自分の勉強時間を可視化することが出来るので、振り返りにとても便利です。

 

※宜しければ、フォローをお願いします。 www.studyplus.jp

 

勉強時間が足りないと気付いた8月

前職の同期があるトップスクールへ旅立ちました。彼は「こういう勉強系は得意なんだよね」とサラッとTOEFL110over・GMAT700overを取っていましたが、彼は多忙の中で一日平均7時間の勉強をしていたとのこと。秀才の彼ですら7時間の勉強をこなしていたということに衝撃を受けました。大学受験すらしていない私大文系の私はもっと時間を掛けないといけないと感じました。

 

このような危機感を持ち始めると、Twitterでも下記のようなツイートが目に飛び込んできます。

正に仰る通りで、早朝や帰宅後にサボっている時間は沢山あり、今後もっと勉強に時間を割かないといけないと感じました。

 

9月に向けて

まず明日本試験が控えているので、そこで目標点数(R+L合計で50点)を取りたいと思います。少なくともR23点以上取れていたら、GMATも始めたい。9/2が終わると、本試験は10/20までないので、点数次第では9月下旬~10月上旬に本試験を受ける可能性も視野に入れないといけません。

 

9月に受講するクラスは、アゴスのReading Practice Advancedのみ。その分、これまで受講したクラスの復習に時間を充てます。また、8月に受けたSpeakingのクラスで、普段から話すことの重要性が分かりました。好きな先生がいなくなりモチベーションが下がっていたDMM英会話も再開し、毎日やるようにします。

 

少しずつやっていることが定着し、英語が分かる実感が沸いてきています。自分に何が足りないのか、何に時間を掛けるべきかが明確になり、勉強への抵抗感はなくなってきました。それどころか勉強していない時間は焦るように変化してきました。よりコンスタントに、より長く、勉強を進めたいと思います。