あたりまえブログ

凡事徹底をテーマにしている中小企業の後継者が「大学時代の自分に伝えたいこと」を書いています。

世界のマクドナルド①:ロンドン

証券会社に入社したての頃、教育担当の上司から「ビッグマック指数」についてのレポートを見せてもらいました。ビッグマック指数とは、その名の通り各国で発売されているビッグマックの価格から物価や経済力を推し量るものです。

ビッグマック指数 - Wikipedia

 

その上司は、新人で「インフレ・デフレ」や「円安・円高」すら分かっていない証券マンの私に分かり易く教えてくれようとしたのだと思います。そのレポートがきっかけとなり、海外に訪れた際は、必ずマクドナルドとスターバックスに寄るようにしています。

 

LBSに行くついでに、そばにあるマクドナルドに寄りました。こじんまりとした店内。日曜日の13時過ぎということもあり、かなり混雑していました。

f:id:jorge_tt:20180715222048j:image

 

オシャレで自由な店内。座り方も人それぞれです。

f:id:jorge_tt:20180715222109j:image

 

店内には、大きなディスプレイがあり、注文が自動化されています。これには驚いた。
f:id:jorge_tt:20180715222057j:image

 

ディスプレイを触ると、スムーズに注文がとれる。ビッグマックは463円(GBP=150円換算)。

f:id:jorge_tt:20180715222104j:image

 

注文後、カウンターで受け取り。

f:id:jorge_tt:20180715222039j:image

 

今回はランチの予定があり、注文はしませんでした。日本でもディスプレイ採用してほしいなー。